Ultima Online 大和シャード ジェローム首長のブログ
俺のソードは骨ドラとコロッサスなのでちゃんと俺は戦っておりジェロームの徳に合致していることにしている
 
<< 動物と包囲攻撃 | main | [告知]2018/06/23(土) 闘犬大会やるぞ!!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2018.05.31 Thursday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    ユーのリッチ
    0

      he.jpg

       

      リッチについては諸説あるだろう。

       

      不死を目指した魔術師の成れの果てだと言う者やその失敗だとする説、あるいはこの成れの果てこそが彼らの目指したものであるとする者もいるかもしれない。

       

      ブリタニアで一般的に「冒険者」と呼ばれる人種はおおよそ不滅であり、肉体的な死を迎えても幽体となって現世を彷徨うことができる。適切な処置を施せば彼らの肉体は復元し、再び活動を始めることも可能だ。

       

      更に、彼らによれば彼らの肉体はムーンゲートを通れば若返るのだという。彼らは実質、不老であり不滅なのだ。

       

       

      しかしそうでない者たち、寿命に縛られ、病毒に侵され、血を流せば倒れこの世を去る・・そういったいわゆる定命の者が不老不死を目指すのは並大抵のことではない。

       

      しかし、確かに成功したと思しき存在もいる。それが上で挙げたリッチの1体、ユー南部の廃墟に住む者だ。
       

      一説によれば、リッチは自身の魂をPhylacteryと呼ばれる専用の物体に封じ込め、永遠を得ると言われている。

      墓場にいる幽霊などとは違い、あそこに発生するリッチは常に1体だ。リッチの個体識別をする能力は持っていないので確証を持って言うことはできないが、私は同一人物だとみている。

       

      そうすると彼は旧来から長い間ユーの廃墟に住んでいることになる。恐らくその廃墟が廃墟という名前で呼ばれていない時代から。彼は膨大な知識を有しているだろう。何度となく倒れても滅ぶことのない、不滅の肉体を持つ彼の見てきた幾百年の歴史を一度は聞いてみたいものだ。

       

      ---

      リッチフォーム.jpg

       

      リッチ大好き!かっこいいよね、リッチ。

       

      でもよくよく考えたら俺が持つリッチのイメージは「凄い魔法パワーを持つ不死身or不滅マン」というだけだった。

       

      リッチの不死性が最高にクールな属性に感じる俺としては(実質)マナ回復が上がるだけのUOのリッチには不満しかなかったのだが、よく考えたらプレイヤーは何もしなくても不滅マンだった。

      まあ不滅じゃなかったらゲームオーバーになってしまうってニセタル先生も言ってたからこれに関してはどうしようもないんだけど、なんかこう、ねえ?

       

      かといって魔ダメ上がるようにしてくれ!と言おうにもそうしてしまうとSWの木と被る。んー、難しい。

       

      他に凄い魔法パワー感のあるプロパティとか能力ってあったっけ・・?

       

      最近だとエピックな装備によってマナ回復20超えとか余裕の神樹ちゃんの上に収穫なんとかで回復系ステータス爆上げしてもそこまで実質値は変わらないとかいう有り様なので、ブロソ先生は既存のダンジョンいじくり回すより先に使われてない魔法になんかスポットをあててあげてください。MRとか頑張ってたよね。あれは失敗だったと思うけど。

       

      ホリフィックビーストとかさ、盾上げのプロ以外誰も使ってないじゃん?SWとネクロはそういうスペル多い気がするから、ほら頑張って?立ち上がろう?

       

      そうだ!立ち上がるのだ!

       

      今日を生きる我らのために!

       

      明日からを生きる未来の民のために!

       

      ウオオオオオオ

      【2018.03.10 Saturday 17:59】 author : Vlad
      | - | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2018.05.31 Thursday 17:59】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする